【おすすめアイテム】創作活動の腰痛・肩こり対策にエレキバン

長時間のデスクワークや創作活動には肩コリや腰痛問題が付き物です。

良い作品を作る上で体調管理は欠かすことはできません。
前回、おすすめ椅子を紹介しましたように今回も健康対策の一環としておすすめするアイテムがエレキバンです。
 
 
ご存知の通り磁力によって腰痛などを改善するという代物です。
首から下の身体の部位ならどこにでも貼って、2~5日間貼り続けることで痛みや疲労に対して効果を発揮することができます。
シールは防水仕様なので貼ったままお風呂に入っても問題ありません。
また、磁石は永久磁石なので、使用後のシールを剥がして再利用することができます。
新しい交換シールはダイソーやセリアなどの百均で販売されています。
その使い勝手の良さから湿布よりコスパに優れています。
 
エレキバンと併せておすすめするのがマグネループです。
 
 
 
 
 
 
マグネループは首から下げているだけで効果があり、通常のエレキバンと同様に永久磁石よって使い捨てることなく使い続ける事ができます。
エレキバンのようにシールのような消耗品は必要とせず、適度に水洗いするだけで手入れは済みます。
反面、エレキバンのようにピンポイントに患部に当てることができず、肩コリ対策の用途にのみ限定されます。
そのため、肩以外の、腰やその他の身体の痛みや疲労を感じた時にエレキバン、肩コリ対策にマグネループは普段から身につけているといった使い分けをしております。
 

エレキバン・マグネループの効果について

ただ貼ったり身につけたりするだけで本当に肩コリや腰痛が改善されるのか?という疑問についてですが、実際に両方を使っている身としては、効果自体は実感しています。
ただそれは腰や肩が飛躍的に軽やかになるようなものではなく、症状を酷く悪化させないよにする抑止的な効果と言えるような体感です。
例えば、一日の作業で肩コリでマイナス10の数値が生じるとしたら、マグネループを身に着けて一日を過ごすことで生じるはずだったマイナス10の数値が0に近い数値を保っているような感じです。
既にマイナス10の状態で身に着けても0に近い状態にまで改善してくれますが、肩がいつもよりスッキリ軽くなるようなプラス値にするには至らないと言ったところです。
健康管理として悪化させないという期待値は満たせてはいるので、活動をサポートするアイテムとして有効であると思います。
 
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

error: Content is protected !!